各地のたより

menu35

H24.10.22 034 斎藤寿雄翁の墓参 <群馬県支部 及川 清流>

群馬県支部では、平成24年9月22日に東京から川瀬順輔先生を迎え、斎藤寿雄翁のご遺族の方と群馬県の会員5名とで墓参を行いました。
 献花しお線香を手向けその後全員で「三谷菅垣」を献笛しました。当日は上毛新聞社が取材し10月13日の新聞に掲載されましたのでそのままご紹介します。

(編集部)斎藤寿雄翁については竹友誌第157号(平成23年1月発行)でも及川師から報告がありましたので併せて紹介します。
『「竹友回顧録」の中で初代宗家が「忘れることのできない大恩人」と記している方が斎藤翁です。初代宗家は明治26年に、尺八の道を志し山形から上京し、間もなく上州富岡高瀬村の医師で、元代議士の斎藤翁に出会いました。そして斎藤翁を通じて東京音楽学校の教授である上原六四郎師を知ることになります。上原師からは尺八と楽理を師事し、また符點式尺八譜を修得します。この間、斎藤翁より学資金の提供を受けておりました。また明治27年には尺八教授を開始し、これが竹友社創立のスタートとなりました。』
なお、このホームページの「竹友回顧録」 でも詳しく掲載しております。
menu35

竹友社MENU

竹友社案内

〒160-0008
東京都新宿区三栄町3-7
TEL:03-3341-5755
e-mail:jimu@chikuyusha.jp